知らなかった!男性エステと女性エステの違い

初めての方、敏感肌、乾燥肌、ニキビ肌などの肌の弱い方が脱毛されるときは、医療行為ができる美容外科がおススメです。

違いに関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薄着の季節が近づくと、誰でも、そわそわウキウキし出すのは、なぜでしょう?
夏は、開放感たっぷりの季節ですが、女性にとっては、スキンケアを徹底的にしなければならない季節でもあります。
夏の厳しい紫外線を浴びた肌は、シミ、小じわ、しわ、くすみ、たるみなどの肌トラブルの元にもなります。
特に、脱毛されている女性は、この季節のスキンケアには手を抜けないのです!
脱毛の施術を受けた肌は、当たり前ですが、体毛がありません。
ですので、外からの刺激がそのまま肌に残り、シミ、しわ、くるみなどを引き起こすのです。
その刺激から、肌を守るには、一にも二にも保湿です。
保湿成分がたっぷりと配合されたスキンケア化粧品を使用し、肌を保護することが大切なのです。
では、その脱毛の施術を受けるときの、エステサロンと医療機関の違いについて、それぞれのメリット、デメリットについて、説明したいと思います。
まず、美容外科などの医療機関の場合ですが、初めて脱毛をされる方、敏感肌、乾燥肌、ニキビ肌、肌の弱い方には、医療機関をオススメします。
医療機関で行なわれる脱毛の施術は、医療レーザーを用いた脱毛法ですが、このレーザー脱毛のメリットは、どんな肌質の方にも安全なことです。
ですので、肌の弱い方や敏感肌などの肌にもおススメできる脱毛法となっているのですが、絶対に、どんな肌質の方にも、副作用がないとは言い切れないデメリットもあります。
が、もし、万が一ですが、レーザー脱毛の施術後に、肌に何らかのトラブルが起こった場合は、例えば、肌にいつまでも痛みが残ったり、施術した後の肌が炎症を起したりなどの肌トラブルが発生した場合、医療機関であれば、施術を受けた医師にその肌トラブルの症状を看てもらうことができるのです。
その上、その症状に合わせた薬を処方してもらうことができるメリットがあるのです。
また、脱毛の施術中に、耐えきれない痛みがあった場合など、その痛みを軽減する麻酔を打ってもらってから、施術を行うなどの適切な処置を受けることもできるのです。
反対に、エステサロンでは、医療行為ができませんので、肌トラブルや副作用の症状があっても、その場で診察を受けたり、その症状に合う薬を処方してもらうこともできないのです。
このような理由から、初めての方、敏感肌、乾燥肌、ニキビ肌などの肌の弱い方には、医療行為ができる美容外科での施術がおススメなのです。
ですが、エステサロンのメリットとしては、費用が安いこと、キャンペーンが多いこと、サロンの店舗数が多く、日本全国どこに引っ越しても同じエステサロンのサービスが受けられることなどが挙げられます。

Copyright (C)2017知らなかった!男性エステと女性エステの違い.All rights reserved.