知らなかった!男性エステと女性エステの違い

ニキビ治療だけでなく、更年期障害、肝機能障害のために用いられるプラセンタ注射について、説明します。

プラセンタ注射

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨今、大流行りの「プラセンタ」ですが、この「プラセンタ」注射は、ニキビ肌改善、更年期障害、肝機能障害の治療にも使用されております。
その「プラセンタ」注射は、美容外科で打ってもらうことができるのです。
「プラセンタ」注射を受けたい方に、「プラセンタ」注射の種類について、説明します。
「プラセンタ」注射には、いつくかの注意点があるのですが、「プラセンタ」注射を打ったことがある方は、よくご存知だと思いますが、皮下に注射する皮下注射と筋肉に昨今、大流行りの「プラセンタ」ですが、この「プラセンタ」注射は、ニキビ肌改善、更年期障害、肝機能障害の治療にも使用されております。
その「プラセンタ」注射は、美容外科で打ってもらうことができるのです。
「プラセンタ」注射を受けたい方に、「プラセンタ」注射の種類について、説明します。
「プラセンタ」注射には、いつくかの注意点があるのですが、「プラセンタ」注射を打ったことがある方は、よくご存知だと思いますが、皮下に注射する皮下注射と筋肉に注射する筋肉注射の2種類があります。
この2種類の注射のほかにも静脈注射もありますが、静脈注射は痛み止めの成分として、ベンシルアルコールが含まれており、扱いに注意が必要な注射なのです。
ですので、美容外科などのクリニックなどで「プラセンタ」注射を打つ際は、まず、どこに打つのかを聞き、できれば、カラダに負担の少ない皮下注射、筋肉注射が良い旨を伝えましょう。
それから、「プラセンタ」注射には、ラエンネックとメルスモンの2通りがあり、ラエンネックは、肝機能障害のある方に使用されております。
ラエンネックは、厳しい検査基準を設けられ、ウィルスや細菌などの感染症対策を厳しい管理の下、絶対の自信を持って製造されているので、安全性の高い注射といえます。
この注射が使用され、今までに一度も、ウィルス、細菌などの感染症にかかったとされる報告はされていないそうです。
続いて、メルスモンについてですが、こちらは、主に、更年期障害などの治療をする際に用いられる注射剤となっております。
その名称のとおり、メルスモン製薬株式会社が製造販売しております。
メルスモンは、ロシアの医学者フィラートフが発見しました。
1959年から現在まで、50年という長い歴史を持ち、日本だけでなく、世界各国で活用、活躍してきたのです。
このラエンネックとメルスモン薬は、どちらも、ヒト胎盤を原料としており、どちらも、その製造工程上、すべてのウィルス、細菌を完全に除去できる方法により、安全を第一に製造されております。
この2種類の「プラセンタ」注射は、病気を治すための治療薬となりますので、保険が適用されるのです。
「プラセンタ」注射を打ってみたい方は、医師に相談の上、納得されてから受けて下さいね。
因みに、この「プラセンタ」注射は、エステサロンでは打ってもらうことができません。
エステサロンは、医療機関ではありませんので、医療行為となる注射を打つことができないのです。

Copyright (C)2017知らなかった!男性エステと女性エステの違い.All rights reserved.